2008年02月07日

負傷者の状況

負傷者の状況 - A.C. Milan Official Site

オフィシャルサイトより、「ミランのヘルス・コーディネーターが、今日午後ミラネッロでミランチャンネルのマイクに向かった」とのこと。

簡単に要約しました。
パト:昨日までは2〜3週間はかかると思っていたが、2週間以内、アーセナル戦前には回復できるかもしれない。

カカ:アーセナル戦には確実に出られると思うが、シエナ戦は難しそうだ。彼の膝の不具合は2年前からのもので、試合翌日にはいつも微かな痛みを訴えていた。

ロナウドとインザーギ:日曜のシエナ戦には復帰できるはずだ。今日の練習でコンディションはほぼ通常に戻っていると見た。

ガットゥーゾ:超音波検査を行ない、いい経過で回復していることがわかったから、彼もアーセナル戦には間に合うはずだ。
一安心といったところでしょうか。日曜のシエナ戦にロナウドとインザーギは間に合いそうだが、カカは難しそうだ。2年前からヒザが痛かったというのは初めて聞いた。少しのケガぐらいはあって当たり前なのだろうけど、ヒザが痛くて昨シーズンのCL得点王って...

カカの凄さをあらためて知った感があります。
posted by 88 bloduction at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年02月06日

Pato - ケガの状態

パト、アーセナル戦出場は時間との戦いに? - goal.com
ミランのメールセマン医師によるパトの復帰時期についてのコメント -
「2〜3週間の休養で十分だろう。もし運がよければ、3週間でなく2週間で復帰出来るだろう。日曜日の出来事は残念だ。彼は、今までにこれほどの痛みを感じたことがないと言っていたよ。しかし、彼は落ち着きを取り戻しているね」
というわけで、2-3週間はかかると予想される。オフィシャルの情報を待ってみたが、サイトがErrorを出しているので、とりあえずgoal.comの情報です。

今、ミラニスタが一番気になるパトの足首。思ったより重傷ではないようで安心しました。続報あればまた。
タグ:Milan Pato
posted by 88 bloduction at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月31日

Filippo Inzaghi - Spot Mediaset Premium 2007

面白い動画見つけました!

タグ:Inzaghi
posted by 88 bloduction at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月17日

Catania-Milan Highlight

コッパイタリア、カターニャ戦のハイライトです。
ジラルディーノはツイてないですね。

タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

16/01/2008 vs Catania - Coppa Italia

Catania-Milan 1-1 (pt 1-0)

詳細は少しわかりませんが、コッパイタリアはこれで敗退。試合前にアンチェロッティもコメントしていた通り、日曜の試合に出場したメンバーはピルロを除いて休養。体力的にセリエAの試合に向けて温存ということでしょう。ピルロは累積警告で次の試合は出られないからOKってことでしょう。

ただターンオーバーしてもカターニャには勝てるくらいの選手層はないわけで、控え組のステップアップはもう少し欲しいですね。パロスキは前回のカターニャ戦に続いてのゴール。これは相当な自信になったと思う。近い将来、パロスキとパトの2TOPが見られることになれば、またそれは大きな楽しみになる。ミランの場合、なかなか下から上がってきて活躍できる選手っていないからね。

そして日曜はウディネに乗り込んでのアウェイ戦。またブラジル・トリオで挑む可能性が高いと思われますが、その場合の守備など改善が見られれば、4位を目指す上でかなり大きなポイントになってきそうです。しかもウディネはその目指す4位にいるので、確実に叩いておかなければいけないッス。

Marcatori: nel pt 12' Vargas (C), nel st 23' Paloschi (M).

Catania (4-3-3): Bizzarri; Silvestri, Sottil, Stovini, Vargas; Baiocco (1' st Izco), Edusei, Tedesco (49' st Nardini); Martinez (30' st Gazzola), Spinesi, Mascara. (28 Ioime, 22 Llama, 27 Biagianti, 30 Millesi). All. Baldini.

Milan (4-1-4-1): Kalac; Oddo, Digao, Simic, Favalli (1' st Bonera); Cafu; Emerson (20' st Gattuso), Pirlo (1' st Paloschi), Brocchi, Gourcuff; Gilardino. (29 Fiori, 39 Caraglia, 45 Ruggeri, 94 Aubamejang). All. Ancelotti.

ARBITRO: Ayroldi di Molfetta.
NOTE - Spettatori: 21 mila. Ammoniti: Silvestri, Emerson, Tedesco e Oddo per gioco falloso, Spinesi per simulazione. Espulsi: Sottil (30' st) per gioco falloso e Gattuso (33' st) per doppia ammonizione. Angoli 4-1 per il Milan.
Recupero: 2' e 4'.
タグ:Paloschi Milan
posted by 88 bloduction at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月16日

7 Pato

パロスキに続いて...きました!!!
アレシャンドレ・パトのゴールシーンです!

タグ:Pato Milan
posted by 88 bloduction at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月15日

43 Paloschi

昨年末の話ですが、パロスキのゴール見つけました!

タグ:Milan Paloschi
posted by 88 bloduction at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月09日

99 Ronaldo

調子は良い! - A.C. Milan Official Site
Milan, per ora ci pensa Gila
Ma Pato promette due gol
- gazzetta.it
ロナウド復帰へ「ミランでプレーを続けたい」 - gazzetta.it

20080109.jpg
「今の自分の望みは、ACミランで重要な存在になることだけだ。何が起ころうとも常に自分を信頼してくれているACミランでプレーを続けたい。体調は良くなってきており、早く試合に出場したい。可能であれば13日のナポリ戦(セリエA第18節)からでも出場したい」
- ロナウド
昨年一瞬だけ復帰した時も同じことを言ってたような気もしますが、それは置いておいて4人のFWが使えることはポジティブです。とにかくロナウドがある程度でも使えるなら、これから試合が多く忙しい時期に大きな力となってくれる。戦術的にも枠が広がる。

さらに今年は出場機会の少ない選手達にも出番が回ってきやすいと思う。クラブW杯などの影響でチャンピオンズ再開まで、セリエAの試合は他のチームに比べて多い。1月もいわゆる過密日程である。

要はケガ人がいないこと。チームが健康であること。これによって結果が全く変わってくる。

日曜のナポリ戦で、ミランがどのように変わっているかが楽しみッス。アラブ首長国連邦選抜チームとの親善試合は、ジラルディーノのドッピエッタで勝利。いい流れになってます!
「今は好調を維持してピッチに戻る事が最も大事だ」
- ロナウド
いや、ホントその通りです。
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月07日

アレシャンドレ・パト

レーガ・カルチョ、パトのACミラン登録を発表 - gazzetta.it
20080107.jpg
レーガ・カルチョは4日、ACミランのブラジル人FWアレシャンドレ・パト(18)の登録が完了したことを公式サイト上で発表した。
先日もふれたアレシャンドレ・パトの登録が完了した。昨年夏の時点では17歳だったため、レーガ・カルチョへの登録はされていなかった。

期待するなと言っても無理な話です。半年間、名前だけが先行したようなことになっていたし、FWが少ないチーム事情からすれば大事な戦力になる。

ロナウドも順調な様子だし、FWが全員健康だったらどういうミランが見られるのかは、ちょっと期待したいですね。
タグ:Milan Pato
posted by 88 bloduction at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月04日

Milan in Dubai



ドバイにてキャンプ中のミラン。話題はロナウドの復帰or移籍問題と、もう一つは皆が期待するパトについてのことだ。

まずロナウドについて、チーム関係者の意見は「移籍無し」ということ。だが、フラメンゴ側のコメントは「本人とは話し合いがすんでいる」とのこと。実際、ケガで半年を棒にふったわけだから、昨シーズンのようにセリエAにおける救世主になってもらわないといけない。FWの駒不足は特に深刻だったから、その点の悩みを後半戦では解消してもらいたい。

パトに関しては違った意味での未知数がある。何より18歳という若さで、セリエAに通用するのか?後半戦の全てをパトに期待するのは、プレッシャーとしては大き過ぎるのではないか?それでも逆にカカがデビューした時の衝撃と同じような期待を持ってしまう自分も否定できない。

でも、この2人のブラジル人FWが、後半戦のミランの鍵になることは間違い無いし、彼らの活躍が無ければセリエAで上位に返り咲くことも難しいだろう。
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

Inzaghi Interview

インザーギ:「2007年はキャリア最高の1年だった」 - goal.com

2007年はミランにとってもピッポにとっても、最高の1年だったことは間違い無い。CLファイナルでの2ゴール。クラブW杯決勝での2ゴール。UEFAスーパーカップでもゴール。重要な試合にはほとんど出場して、しかも必ずゴールを決めている。

さすがに34歳という年齢はセリエAに継続して出場する体力は無いかもしれない。それでも彼は重要な仕事を必ずやってのける"SUPER PIPPO"だ。昨シーズンからリーグ戦では目立っていないが、そろそろ国内でもゴールをみたいところです。
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月21日

Campioni del Mondo - youtube

素晴らしいゴールと、感動のフィナーレ。
やっぱりインザーギの1点目はスゴイわ。

タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

20/12/2007 vs Catania - Coppa Italia

夢が現実になった - A.C. Milan Official Site
Stavolta la coppa è italiana
e il Milan perde col Catania
- gazzetta.it
ミラン、またホームで勝てず/イタリア杯 - FOOTBALL WEEKLY

Milan-Catania 1-2 (pt 0-2)

20071220.jpg

結局、イタリア国内のチームを相手にサンシーロでは勝利がない。ターンオーバーをして、プリマベーラの選手を多く起用していたし、何より時差ぼけは横浜で試合に出ていなくともあるから仕方がないかな。それよりデルビーを優先したと考えるのがスジでしょう。

エメルソンのように久しぶりに試合に出る選手や、パロスキのようにプリマベーラから呼ばれた選手のコメントはとてもポジティブだ。日本での勝利に水をさすように考えるのは簡単だが、オフィシャルに出ているコメントからチームの雰囲気が悪くないことは想像できる。

パロスキのゴールはyoutubeでいいから見てみたいですね。
アルベルト・パロスキ:「アンチェロッティ監督が僕をトップチームに呼んでくれたのを知った時は、これ以上ないほど嬉しかった。子供の頃からサン・シーロでプレーすることが夢だったからね。今夜はとても感動した。1ゴールを決めて夢を叶えることもできたしね。さらに感動したよ」
Marcatori: Spinesi (C) al 19'; Mascara (C) al 26' p.t.; Paloschi (M) al 14' s.t.

Milan (4-4-2): Kalac; Cafu, Digao, Simic, Favalli; Brocchi, Emerson, Gourcuff (dal 42' s.t. Darmian), Serginho; Aubameyang (dal 1' s.t. Umunegbu), Paloschi. (Fiori, D.Ancelotti, Bruscagin, Guerci, Caraglia). All. Ancelotti.

Catania (4-4-2): Bizzarri; Sardo, Sottil, Stovini, Vargas; Izco, Edusei (dal 18' s.t.Colucci), Baiocco (dall'8' s.t. Martinez), Biagianti; Mascara (dal 28' s.t. Sabato), Spinesi. (Polito, Morimoto, Gazzola, Nardini). All. Baldini.

ARBITRO: Bergonzi di Genova.
NOTE: serata fredda, spettatori 4.156, incasso 26.208 euro. Espulso al 29' s.t. Sardo per fallo su Serginho. Ammoniti Izco, Martinez. Recupero: 1' p.t., 3' s.t.
タグ:Milan Paloschi
posted by 88 bloduction at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月18日

カカ、FIFA年間最優秀選手賞受賞

カカ、FIFA年間最優秀選手賞受賞 - gazzetta.it
カカー、FIFAワールド・プレイヤー受賞 - goal.com

バロンドールに続いて新たな栄誉を授賞したカカ。2007年はチームとしてもチャンピオンズ・リーグ、UEFAスーパーカップ、クラブW杯とビッグタイトルを取り続け、カカもチャンピオンズの得点王から始まってたくさんの栄誉を勝ち取っている。

チームが素晴らしい結果を残したことで、このような評価を得られるのだろうし、逆にカカが素晴らしいからチームが好成績をおさめたとも取れる。どちらかが欠けてもいけないし、チームが勝つために個々がそれぞれの仕事をする。カカだけが素晴らしい働きをしたわけではなくて、個々がチームのために素晴らしい働きをしたから、これだけの勝利を得ることができた。

あと残るはセリエAだ。4位以内という最低限の目標もあるし、このまま中位をフラフラしてるわけにはいかない。とにかくコッパイタリアのカターニャ戦、日曜のデルビーに向けて、がんばって欲しいです!
タグ:Milan Kaka
posted by 88 bloduction at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月17日

16/12/2007 vs Boca Juniors - Club World Cup

尽きない感動 - A.C. Milan Official Site
Il mondo ai piedi di Kakà, Il Milan travolge il Boca - gazzetta.it
Maldini: "A giugno l'addio" - gazzetta.it
<クラブW杯>1得点2アシストのカカ「驚愕の1年だった」 - gazzetta.it

Boca Juniors-Milan 2-4 (pt 1-1)

20071216-01.jpg 20071216-3.jpg

世界一!Campione del mondo!!!

今シーズン、大きな目標の一つだったクラブW杯制覇を達成した。ボカについて多くの情報は無かったけど、4年前のこともあるし厳しい試合になると思っていた。スタメンは少し準決勝と異なるメンバーになった。インザーギ、マルディーニとボネーラが加わり、木曜よりもどちらかと言えば守備的だったと思う。

先制点はミラン。カカがドリブルで持ち込んで2対3の局面。ペナルティエリアに入ったカカはそのまま左足でシュート。これはDFにブロックされるものの、すぐにカカの足元へボールが戻ってくる。その瞬間にピッポ・インザーギがDFの見えない裏へポジションを変える。そのピッポへカカからピンポイントでパスが通って先制のゴール。

しかし2分後、CKからパラシオにヘディングを許して、あっさりと同点にされる。完全にマークを見失ってしまい、ポッカリ空いた隙間を突かれてしまう。時々みせる悪い癖が、決勝戦で大きなミスになってしまう。ミランは守備的なスタメンだったこともあり、両SBの上がりはそれほど多くなく、代わりにセードルフとカカの2シャドーがボールを前線に運ぶことが多かった。守備に人数は揃っているけど、攻撃の人数と幅は犠牲になっていたと思う。結局、1-1と多少重苦しい雰囲気の中で、前半を終了する。

後半からSBを入替えるなどして攻撃面を見直すかと思ったけれど、後半開始時点での交代は両チームともに無し。ミランとしても負けているわけではないから、リスクを犯すことも無かったんだろう。そして後半開始5分にCKから珍しい(?)ネスタのゴールが生まれる。ピルロのFKから混戦の中で偶然にもネスタの前にボールがこぼれてくる。あとは誰よりも早くボールに触るだけ。1シーズンに1点あるかないかのネスタのゴールを生で見られたこともまた良い思い出。

さらに16分、センターライン付近から得意の左サイドをドリブルで駆け上がるカカ。そのまま相手陣内深くをえぐり込んでシュート。DFも3-4人はいたのに、一人で持っていって一人で決めてきてしまう。さすがバロンドールという誰もマネできないようなプレーをみせて2点差。これで大きく試合の流れを引き寄せてくる。

ガットゥーゾが負傷交代で、20分にエメルソンを投入。そして25分、右サイドを抜けたセードルフから、カカを経由し、インザーギへきれいにボールが渡って4点目をゲット。ピッポはこれでドッピエッタ!アテネに続いて、大事な決勝戦でまたも2ゴールをあげる。その後、何故かカフーと交代。さらなる守備固めかと思いきや、カフーは右サイドを走り回って何度かチャンスを作る。寒い中、一人半袖だったのにもビックリ。

その後、32分にカラーゼがレッドカードで退場し、40分、レデスマに2点目を奪われたけれど、そのレデスマも90分にレッドカードで退場してしまい、ロスタイムは10人対10人となる。ちょっと長いように感じたロスタイム3分も、得意のボール回しで時間を潰しタイムアップ!

5月のアテネ、8月のモンテカルロ、そして12月の日本。これだけ大きなタイトルを獲得し続けているのは、間違いなくミランだけだ。平均年齢が高いことや、大きな変化の無いチーム。不安視される声は多いし、実際にセリエAでは昨シーズンに続いて出遅れが目立っている。それでも世界でこれだけの強さをみせるミラン。不思議な面もあるけれど、マルディーニは安心して引退できるのかもしれない。

今シーズンもCL優勝したら「またクラブW杯に出たくなって引退撤回」ってなことになってくれれば言うことないですね。

さてミランは帰って、来週はデルビーです。もうインテルを止めるのは、ミランしかありません。そろそろイタリアでも強いミランが復活して欲しいし、デルビーだけは何があっても勝ってもらいたいです!

とにかくおめでとう!です。
やっぱミランは最高でした!

Grazie!!! Milan!!!

Marcatori: Inzaghi (M) al 21', Palacio (B) al 23' p.t.; Nesta (M) al 5', Kakà (M) al 16', Inzaghi (M) al 25', Ledesma (B) al 40' st

Boca Juniors (4-4-2): Caranta; Ibarra, Maidana, Paletta, Rdoriguez; Gonzalez (Ledesma dal 22' st), Battaglia, Banega, Cardozo (Gracian dal 23' st); Palermo, Palacio. (Garcia, Migliore, Silvestre, Cahais, Krupoviesa, Boselli, Bueno, Datolo, Bertolo, Vargas). All: Russo

Milan (4-3-2-1): Dida; Bonera, Nesta, Kaladze, Maldini; Gattuso (Emerson dal 20' st), Pirlo, Ambrosini; Kaká, Seedorf (Brocchi dal 42' st); Inzaghi (Cafu dal 31' st). (Kalac, Fiori, Oddo, Favalli, Simic, Jankulovski, Serginho, Gourcuff, Gilardino). All: Ancelotti

ARBITRO: Rodriguez (Messico)
NOTE - Spettatori 72.000. Ammoniti: Ambrosini (M), Ibarra (B), Battaglia (B) e Paletta (B) per gioco scorretto. Espulsi al 32' s.t. Kaladze (M) e al 43' s.t. Ledesma (B) per gioco scorretto. Angoli 5-2. Recuperi 1' pt, 3 st.
posted by 88 bloduction at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月15日

Club World Cup Finalを控えて

歴史的な一戦 - A.C. Milan Official Site
練習中に接触したインザーギについて:問題なし - A.C. Milan Official Site
<クラブW杯>カカ大活躍も足の爪がはがれていた! - gazzetta.it

いよいよ明日の日曜が決勝戦。どちらが勝っても4回目の優勝で、過去最多の優勝回数となる。他にも個人記録がたくさんかかっているが、そんなことより明日の試合に勝つことだけが大事。4年前のこともあるが、それは気にせず試合に集中するとマルディーニのコメントにもあったし、カカもリベンジという言葉はあまりスキでは無いようだ。

そう。目標はリベンジでは無くて、クラブW杯に優勝すること。ボカを相手にするのはラクではないし、この大会に勝つことは簡単なことでは無い。しかしミランはシーズン開始当初から、このタイトルを勝ち取ることを目標にしていた。大会前の準備も今まで以上に慎重で時間とスタッフを費やした。ボカより1日少ないけれど、休養とコンディションの調整もできているはず。

決勝戦。スタメンはほとんど変わらないだろう。インザーギは練習中にフィオーリとの接触があったようだけど、特に問題は無いらしい。ただ先発は難しいかもしれない。カカの爪についても心配だが、逆に爪がはがれていてあのプレーかと驚いてしまう。

新しいタイトルを加えるためにミランは本気で勝ちにいく。その試合を日本で見られるってことは、すごく幸せなことです。

既にめちゃめちゃ待ちきれなくなってます...
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月14日

13/12/2007 vs Urawa - Club World Cup

運命がそう言う時は・・・ - A.C. Milan Official Site
Kakà come Van Basten? - gazzetta.it
<クラブW杯>決勝点アシストのカカ「後半、浦和に疲れが見えた」 - gazzetta.it
<クラブW杯>1−0も余裕のミラン監督「慌てずに機会を伺った」 - gazzetta.it

Urawa Red Diamonds-Milan 0-1 (pt 0-0)

20071213.jpg

日本のチームだからといって油断してはいけないし、サッカーとはどんなことでも起こりうる可能性がある。浦和レッズは強いチームだ。アジアのチャンピオンだし、各ポジションに軸となる選手が揃っている。そこに才能ある若手選手がうまくかみあったチームなんだと試合をみて思った。

前半、試合が落ち着いてくると徐々にミランペースとなる。ミランのボールポゼッションが高くなり、浦和陣内でのプレーが続く。ミランがボールキープすると、スタンドを埋めつくす浦和サポーターからはブーイングの嵐。TVの画面をみていてヨーロッパとはまた違った雰囲気のアウェイゲームだった。ビッグゲームを毎年いくつもこなす、ミラニスタとしてもやりにくい部分はあったと思う。

浦和はディフェンスがしぶとかった。どんな場面でもあきらめないし、カカやセードルフに対して数的優位を保ってプレーを限定するようにしていた。サイドに追い込まれる場面が目立ったし、玉ぎわも激しくあたられることが多かった。そんな浦和を相手にジラルディーノの飛び込みやピルロのFKでチャンスを作るがゴールには至らない。結局、前半を0-0で折り返す。

後半もミランペースで試合が続くが、セードルフが抜け出してボレーシュートを放つもわずかにゴール右へはずす。点が取れない状況を打開するべく、ジラ→インザーギへ後半17分にスイッチ。そこから少し流れが変わったのかもしれない。

後半23分、左サイドでカカと坪井が1対1の局面。ゴールライン側へ坪井を抜いていくとトゥーリオがカバーに寄せてくる。それより一瞬早く中へ折り返すカカ。ニアサイドへ走り込んだインザーギに釣られた浦和DF陣のスキをついて、中央のセードルフがフリーでシュート。ここまでほとんど崩れることの無かった浦和DFを、完全に崩してのゴール。

この後、浦和も反撃に出てくるが、トゥーリオがケガで離脱。ミランは点が欲しい浦和をじらすようにボールキープをして時間をかける。後半35分には左SBヤンクロフスキ→マルディーニと交代。決勝での起用が濃厚なカピターノのコンディション調整と守備固めだろう。左サイドを何度か崩されかけていたが、これで守備が安定する。

ロスタイム3分も浦和の猛攻を凌ぎきって試合終了!これでボカへの挑戦権を得たわけで、日曜はさらに大事な大事な試合。中2日しか無いけれど、何とかコンディション整えて下さい!

僕も横浜でガッツリ応援してきます!

Marcatore: Seedorf al 23' st

Urawa (3-4-1-2): Tsuzuki; Tsuboi, Tulio (30' st Yamada), Nene; Hosogai, Suzuki, Abe, Soma (36' st Hirakawa); Hasebe; Nagai, Washington. (Yamagishi, Ono, Tsutsumi, Koike, Ukidate, Nishizawa, Okano). All.: Osieck

Milan (4-3-2-1): Dida; Oddo, Nesta, Kaladze, Jankulovski (35' st Maldini); Gattuso, Pirlo, Ambrosini; Seedorf (91' st Brocchi), Kakà; Gilardino (17' st Inzaghi). (Kalac, Cafu, Simic, Emerson, Favalli, Gourcuff, Bonera, Serginho). All.: Ancelotti

ARBITRO: Larrionda (Uru)
NOTE - Spettatori: 67.000. Ammoniti: Nesta, Nene e Abe per gioco falloso. Angoli: 4-3 per il Milan. Recuperi: pt 1' e st 2'
タグ:Milan Seedorf
posted by 88 bloduction at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月13日

アンチェロッティ、インタビュー

さらに先まで - A.C. Milan Official Site

カルロ・アンチェロッティも浦和レッズを高く評価している。日本代表が揃う中盤の選手達やFWワシントンとDFトューリオは、注意すべきだとしている。ロナウドは本当に残念だ。しかしケガは完全で確実に癒っていなければならない。中途ハンパな状態で試合に出てケガを悪化させてもいけないし、何よりミランには他にもFWが揃っている。

浦和が攻撃的に出てくれれば、ミランとしてもスペースが見つけやすくなるだろう。スペースがある時は、無い時より多くのチャンスを作ることができる。浦和は日本というホームであることで時差にも悩まずに、既にこの大会で1試合を勝っていることで勢いもある。ミランにとっても簡単にはいかないだろう。

とにかく準決勝に集中している。決勝のことは準決勝に勝った後のこと。まず集中して浦和に勝つことが、クラブW杯制覇の第一歩。本気のミランを見せてくれるだろう。
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月12日

ネスタ、インタビュー

いい具合にトレーニングできている - A.C. Milan Official Site

時差の問題もあるが、逆にイタリアを離れて情報も限られている。クラブW杯に集中できる環境が日本にある。いや、ミラン自身がそのような環境を日本に作ったという方が正しいかもしれない。連戦続きだった選手達のコンディションを整え、普段は対戦することのないチームを相手に準備をしていく。

ネスタのコメントもちょっと「?」な文があったけれど、余計な情報の無い中で集中できるのは良いことだろう。とにかくまずは明後日です。浦和サポーターが大挙して押し寄せるだろうけど、今シーズンのミランはアウェイで結果を出している。

木曜はTV観戦します。どうやって浦和に勝つか。セルティック戦から1週間経って、チームの調子はどうなっているのか。浦和もいいチームだから油断していると、足元を救われる。選手達のコメントからすると安心はできるけど。
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月11日

インザーギ、ジラルディーノのインタビュー

ピッポの“飢え” - A.C. Milan Official Site

僕がここまでミランを好きになった理由の一つとして、フィリッポ・インザーギのゴールがある。とにかくゴールを奪うことしか考えてない。ぶっちゃけドリブルとかパスなどのプレーは上手くは見えない。それでもピッポは一番になった。ゲルト・ミューラーの記録を超えて、UEFA主催の大会ではピッポが最もゴールをあげている男になった。現在、ベテランとなったピッポは全ての試合に出られるわけではないが、今、ミランが日本にきているのは5月のアテネでピッポが2ゴールを決めたからでもある。

冒頭のリンクは日曜の記者会見のコメント(オフィシャルサイトより)。ピッポはアテネとモンテカルロに続いて、横浜で勝利を得るためにきていることがよくわかる。そして「プレーをすることで、長く続けていける」という言葉。まだまだピッポにはプレーして欲しい。


夢の締めくくり - A.C. Milan Official Site
<クラブW杯>ジラルディーノ「ロナウド?俺もピッポも準備はできている」 - gazzetta.it

やっぱりロナウドは厳しいみたいだ。ムリに使う必要はないと思っている。クラブW杯以降も重要なゲームはたくさんある。逆に重要なのがインザーギとジラルディーノだ。彼らのどちらか1TOPにカカとセードルフがからんでくるのがミランの得意な攻撃パターン。ピッポにはピッポの良さがあるし、ジラにはジラの良さがある。

特にTVではジラの良さはあまり映らないらしい。見えないところで良く動いているという話を聞いたことがある。それをTVで解説していたカペッロがベタ褒めだったらしい。ゴールに見放された時期もあった。FWというのはそういうものだろう。ピッポにもロナウドにもシェフチェンコにもそんな時期はあった。特に今シーズン前半はチームの成績もひどかったこともあって、ジラはかなりのバッシングを受けていた。それでもジラは調子を取り戻して、ゴールを増やしつつある。

最近のアンチェロッティは、ピッポとジラを交代で使うことが多い。日本での2試合、どちらが先にスタメンとなるか。非常に気になるところです。
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
ミラン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。