2004年10月20日

20/10/2004 vs Barcellona

Milan 1-0 Barcellona

Marcatori: al 31' pt Shevchenko
Group F Point: 9

Il Milan affonda il Barca
ミラン、バルサを撃沈

いやぁホント、サッカーっていいもんですよね!ってなかんじ。大一番を制して勝ち点を9に伸ばしたミランがグループF首位通過へ向けて一歩リード。さらにあのロナウジーニョ率いるバルサ攻撃陣を0点に抑えることもできた。勝ち点3以上の収穫があったし、次節カンプノウでのバルサ戦に向けて学ぶことも非常に多い試合でもあったっす。

正直言ってあのグランデミランのライカールト監督率いるバルサはかなり強いチームだと思っていた。昨シーズン前半の不調から、あのレアルを抜いてリーガ2位の成績を残していたし、デコ(元ポルト)やジュリ(元モナコ)、ラーション(元セルティック)など補強もかなりスゴイものだった。何よりジーニョのテクニックは世界でもトップクラスで、どんなディフェンスでも突破できる力がある。そんなバルサに普通のチームなら3点ぐらい取られてもおかしくは無かったっすが、、、

そうならなかったのは今季加入のスタム君がいたからです。開幕後ケガで戦列を離れていたこのオランダ人DFがバルサ戦に復帰したことで、そんなバルサを相手に完封できたのであ〜る。スタム君はクロスボール、くさびのパス、相手FWのドリブルなど全てにおいてパーフェクトだった。ラーションはシュートをクロスバーに当てるのが精一杯だったし、エトーはスタムがいたおかげで、ピッチに立っているだけだったと言ってもいい。

さらに最終ラインの組合せが対バルサ用であるかのようで、中央にネスタとスタム、右にカフー、左はマルディーニ。カフーはいつものように積極的なオーバーラップを見せるが、逆にマルディーニはバランスを取って、ディフェンスを重視するという、どちらかと言えば3バックに近い完璧な最終ラインだったわ。

逆に珍しくボールポゼッションが相手より低かった攻撃陣だが、何もしていなかったわけでは無い。ボールポゼッションが低かったのは、セリエAでの対戦相手と違って積極的に攻めてくるバルサ相手に、少ないパスでシュートまで結びつけた結果であ〜る。前線からディフェンスをしてくる相手をかわして、比較的ロングボールを多用するなど工夫した攻撃を見せるミランが先にゴールを奪うのだ!

前半31分にカフーが右サイドを抜け出し、中央へクロスを送ると、ピッポがおとりになってDFを引き付けた裏にいるのはウクライナの誇るゴールゲッター・シェフチェンコ!頭で合わせたボールはワンバウンドしてゴールへ。もう絶好調というよりは、あのマイケル・ジョーダンがin the zoneにある時と同じレベルである。つまり誰も彼を止めることはできないってわけ!

中盤もガットゥーゾが執拗にジーニョを追い回し、ピルロは正確なボールをDFラインの裏へ供給。セードルフは攻守にポイントとなり、カカは得意のトラップで相手をかわしてゴールへ向かってドリブル。もう今日はほめまくります!ほぼパーフェクトな試合と言っていいでしょう!

しかし0点にバルサを完封したからといってジーニョを完璧に封じ込めることができたわけでは無い。何度かワンツーなどで突破されるケースもあった。さらにアンチェによる交代選手の選択とタイミングがピンチを招いているのでは?と思われるケースがあった。ピッポ→アンブロジーニは時間と守備力を考えた定石としても、カカ→セルジーニョは疑問だった。中盤を自由に動けてボールキープ力の高いカカに代えて、左サイドでのドリブルが得意なセルジーニョではあまりにポジションが異なる。

さらにシェバ→クレスポはもっと疑問だった。シェバに比べて動きが少なく、前線で待っているタイプのクレスポをバルサに攻め込まれている時間帯に投入してもバルサDFは驚異に思うどころかラッキーと思っただろう。実際、ボールはクレスポへ渡るが、ドリブルでキープするどころかあっさり奪われていた。まぁ、これらの問題が大ケガにならずに済んだが、結果オーライじゃ無くてアンチェによって計算されつくした交代なのだろうと思いたい。週末にはミラノ・ダービーも控えているし特に代表クラスの選手は連戦が続いている、シェバやカカ、ピッポにケガでもされたら困るし、少しでも休ませたかったということも考えられるし、クレスポの状態を確認したかったということもあるだろう。

まぁ大体の場合は采配に間違い無いアンチェだから、計算ずくのこととしましょう。1人のみらにすたとしては、バルサという強敵相手に勝利したことがうれしい。週末はダービーです。次から次へと楽しみなゲームが続きますなぁ。
posted by 88 bloduction at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | UEFA CL
ミラン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。