2007年10月09日

07/10/2007 vs Lazio

ゴールによる気迫 - A.C. Milan Official Site
Il Milan rialza la testa - gazzetta.it
大勝にジラルディーノ吠える「ミランは健在だ」 - gazzetta.it

Lazio-Milan 1-5 (pt 1-2)

20071007.jpg

きっかけというのは大事だと思う。ミランとジラルディーノにとって、本当に上昇のきっかけとすることができるのかどうかだ。特にジラにとっては、これからもプレッシャーのかかるゲームが続いていく。次の試合でゴールができなければ、また周りの評価は元に戻ってしまうかもしれない。

しかしそれほど心配はしていない。ゴールする前もジラの動きは良かったと思う。よくボールを触れていたし、前線での運動量も十分にあった。アンブロジーニの1点目(ブラボー!)は別として、カカの2ゴールにも絡んでいる。スロースターターであることでだいぶ待たされた感はあるが、やっと調子が上がってきたと思う。

それに合わせてチームも順位を上げていかなければいけない。というよりチームコンディションを良くしていかなければならない。今季はクラブワールドカップが12月にあるので、昨季のようにクリスマス休暇明けまで待つことはできない。そろそろロナウドとマルディーニに復帰してもらって、チームとしてのピークを一旦12月に合わせなければ日本で勝利することが難しくなってくる。

ラツィオ戦を圧勝したからといって、全ての評価が変わるわけではない。本当のミランはこれから見せなければならない。運が良いのか悪いのか、ジラとピッポは代表に呼ばれていない。十分な休養とトレーニングを重ねて、再来週のセリエA再開に合わせていける。その頃にロナウドも万全だったら、なおよしといったところですね。

以下、ハイライトです。



Marcatori: nel pt al 16' Ambrosini (M), al 23' Mauri (L), al 32' Kakà (M) su rigore; nel st al 7' Kakà (M), al 24' e al 34' Gilardino (M)

Lazio (4-4-2): Muslera; De Silvestri, Stendardo (11' st Scaloni), Cribari, Zauri; Behrami (24' st Baronio), Mudingayi, Mutarelli, Mauri; Pandev, Rocchi (32' st Tare). (32 Ballotta, 3 Kolarov, 10 Baronio, 68 Manfredini, 81 Del Nero). All: Rossi.

Milan (4-3-1-2): Dida; Oddo (36' st Simic), Bonera, Nesta, Favalli; Gattuso (37' st Brocchi), Pirlo, Ambrosini; Seedorf (38' st Gourcuff), Kakà; Gilardino. (16 Kalac, 2 Cafu, 5 Emerson, 9 Inzaghi). All: Ancelotti.

Arbitro: Morganti di Ascoli Piceno
NOTE: spettatori: 30.000 circa; ammoniti Mudingayi, Muslera e Favalli per gioco scorretto, Gilardino per simulazione. Angoli 4-1 per il Milan, recuperi pt' 1', st' 3'.
posted by 88 bloduction at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年10月01日

30/09/2007 vs Catania

勝つためにピッチへ - A.C. Milan Official Site
Il Milan non sa più vincere - gazzetta.it
不調ミランはまたドロー - FOOTBALL WEEKLY

Milan-Catania 1-1 (pt 0-1)

20070930.jpg

この日も勝つことができず、同じような展開から逃れることができなかった。あと1ヶ月程はガマンするしか無いだろうと思っている。勝利をあきらめるわけでは無いが、現実的に見ても5月のマンU戦のような試合を毎週できるわけは無いし、負傷者の多い今の状況ではできることとできないことがあるのは致し方無い。

もう少し選手層が厚かったらなんて考え方もあるだろうけれど、ケガなど予測できない事態もある。そしてケガ人が増えたときこそ、ボネラやカラッチのような選手は奮起しなければならない。個々の能力差はあってもね。

プロの世界だから結果が最も重要なことは間違い無い。カターニャはいいチームだった。ミランは良くないゲームをしてしまった。流れは確かに良くは無い。それでも勝つための努力を惜しまなければ結果は後からついてくる。これからも焦らずにみていきたいと思っています。
アレッサンドロ・ネスタ:「とにかく、リスタートを切っていこう。毎年僕らは序盤で苦労している。でも、それから常にミランはリスタートを切ってきたはずだよ」

ダニエレ・ボネーラ:「ロッカールームを代表して言うけど、ミランはリーグ戦にちゃんと関心を寄せている。僕らは常に勝つためにピッチへ向かっているんだ。僕らはミランなんだよ。コッパ・イタリアでもリーグ戦でも、そしてCLでも勝利を目指していかなければいけない。僕らはミランであり、日曜も水曜も勝たなければいけないんだ」

カカー:「ミランは怒っており、水曜の試合では改善したいという強い意欲を持って臨む。でも、僕らはリーグ戦でも上手くやりたいと願っているんだ。もちろん、CLはまた別の戦いとなる。グラスゴーではもう少しスペースを見つけられるだろう。でも、勝つことができれば、士気の面から見てもいいことだろう」

カラッチ:「とにかく、リーグ戦について計算するにはまだ早すぎるさ。まだ道のりは長いんだよ。CLではいつものように自分たちの試合をしにグラスゴーへ向かう。セルティックがカターニアと同じように試合に臨むとは思わないな。カターニアは賛辞を贈らなければいけない。彼らは本当にいい形で試合に臨み、サン・シーロで1ポイントを獲得したんだから。いずれにしても、僕らは常に自分たちのプレーを目指していくよ」
Marcatori: Martinez (C) al 25' pt; Kakà (M) su rigore al 3'st

Milan (4-3-2-1): Kalac; Cafu (1' st Oddo), Bonera, Kaladze (8'st Nesta), Favalli; Gattuso, Pirlo, Ambrosini (1' st Gilardino); Kakà, Seedorf; Inzaghi. (Fiori, Jankulovski, Brocchi, Gourcuff). Allenatore: Ancelotti.

Catania (4-3-2-1): Polito; Sardo, Terlizzi, Stovini, Vargas; Izco, Edusei, Biagianti; Martinez (21' st Sabato), Mascara; Spinesi. (Bizzarri, Silvestri, Sottil, Babù, Colucci, Morimoto). Allenatore: Baldini (in panchina Atzori).

ARBITRO: Gervasoni di Mantova.
NOTE - Giornata grigia e umida, terreno in pessime condizioni; spettatori 49.835 per un incasso di 836.956,37 euro. Ammoniti Seedorf, Martinez, Edusei, Kakà, Terlizzi, Spinesi, Pirlo, Inzaghi. Angoli 6-5 per il Milan. Recuperi: 1' pt; 4' st.
タグ:Milan Kaka
posted by 88 bloduction at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年09月27日

ハンド

こりゃハンドだわ。
誤審にもほどがあるです...

タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

26/09/2007 vs Palermo

Miccoli affonda il Milan - gazzetta.it

Palermo-Milan 2-1 (pt 0-1)

厳しい結果ッスね。映像を見てないからわからないけれど、同点に追い付かれたゴールではハンドがあったことと、またしても先制しながら逃げきれなかったことはわかった。そしてミッコリにロスタイムに逆転ゴールを許してしまい敗戦。負けるべきでない試合に、負けてしまったことにアンチェロッティはショックを受けているらしい。ミスジャッジというのは怖いです。

セリエAでの不調は、チーム状態が大きく左右していると思う。開幕前からの問題として、FWが不足しているという問題がある。CLとセリエAの試合が別物だとするのであれば、フォーメーションが両者で異なってもおかしくは無いだろう。問題なのはチーム事情でフォーメーションを変えることができないことである。これも年内はロナウド次第でしか無いのだが、10月下旬まではかかりそうだという記事もあった。

ロナウドがいればスタメンFWに選択肢が増える。
1TOP=ロナウド、インザーギ、ジラルディーノ(の誰か)
2TOP=ロナウド−インザーギ、ロナウド−ジラルディーノ、インザーギ−ジラルディーノ(これはまずない)
これに対してロナウドがいないことで、2TOPの可能性がほとんど無くなる。1TOPでピッポとジラが交代交代でスタメンになるだけだ。試合の流れでゴールが欲しいときにも、FWとしてきれる選択肢はピッポとジラを交代させるしかない。これでは1TOPというシステム自体は悪くなくても、攻撃がパターン化してしまうことは否めない。

だからと言って「文句を言っても始まらない」という部分があるのでしょう。開幕前のことだから、今さらどうしようもないことだから。残ったメンバーで、できるだけのことをして、勝ち点3を取りに行く。そうすればロナウドが帰ってきたとき、来年パトが加入したときに、その効果が大きくなるのかもしれないです。

Marcatori: Seedorf (M) al 10'p.t.; Diana (P) al 28' s.t., Miccoli (P) al 48' s.t.

Palermo (4-3-1-2): Fontana; Diana, Zaccardo, Barzagli, Cassani (Rinaudo dal 29' s.t.); Migliaccio, Simplicio, Caserta (Jankovic dal 16' s.t.); Bresciano (Cavani dal 16' s.t.); Miccoli, Amauri. (1 Agliardi, 4 Gio. Tedesco, 14 Guana, 19 Brienza). All.: Colantuono.

Milan (4-3-2-1): Kalac; Oddo, Nesta, Kaladze, Jankulovski; Gattuso, Pirlo, Emerson (Brocchi dal 31' s.t.); Kakà, Seedorf; Gilardino (F. Inzaghi dal 31' s.t.). (29 Fiori, 2 Cafu, 17 Simic, 19 Favalli, 20 Gourcuff). All. Ancelotti.

Arbitro: Farina di Novi Ligure.
NOTE - Spettatori: 30.761, per un incasso di 629.741,92. Ammoniti: Emerson, Simplicio per gioco falloso e Miccoli per comportamento non regolamentare. Angoli: 12-4 per il Milan. Recupero: 2' e 3'.
タグ:Milan Seedorf
posted by 88 bloduction at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年09月25日

22/09/2007 vs Parma

気を引き締めよう - A.C. Milan Official Site
全員が一緒に、全員がまとまって - A.C. Milan Official Site
常に現実を見すえて - A.C. Milan Official Site
Milan formato campionato Bloccato anche dal Parma - gazzetta.it
リーグ戦不調のミラン…監督は「CLの影響はない」 - gazzetta.it
開幕ダッシュ失敗! ミランの抱える問題とは - 欧州通信

Milan-Parma 1-1 (pt 1-0)

20070922.jpg

セリエAでは開幕戦を勝利した後、3試合連続のドロー。勝ち点6を失ったとも言えるが、まだまだ序盤戦。挽回できる機会は十分残っている。
「心配はしていない。その必要もない。もちろんいくつかのミスがあったことは認めるし、それを繰り返しちゃいけない。あと、勝てるはずの試合で3連続のドローという結果を厳しく受け止めないと」
- マッシモ・アンブロジーニ
アンブロジーニは自らミスがあったことを認めている。また欧州通信ではミランの抱える問題点をこのように分析している。
@リードしてからの全般的なプレスの少なさ
A最終ラインが下がりすぎることで、中盤との間にスペースがあく
Bカカー、セードルフ、アンブロジーニ、ヤンクロフスキーによって展開される左サイドに攻守が偏りすぎるために生まれる、右サイドからのカウンターへの脆弱性
- 欧州通信より
どれも的確な指摘と思えるが、特に@とAは修正が必要だと思う。これらは必要なことではあるが、気持ちの問題であって技術や戦術的な問題では無い。前半に先制したまま後半に入ると、ペースダウンして相手に思うようにプレーさせてしまう傾向はあると思う。1点差では勝っていることにはならない。相手にたった1ゴールでも決められたら、あっという間に勝ち点2を失うことになってしまう。ドローになった3試合のうち2試合は先制しながら追い付かれている。早めに2点目を決めて、試合をより有利に運んでいくことができないでいる。

Bの指摘はちょっと難しい。カカもセードルフも右利きながら、左サイドでのプレーが好き。しかもコンビプレーの息が合ってるから、近くでプレーをしたがるのは致し方無いかもしれない。逆に右サイドは中盤にガットゥーゾやブロッキ、エメルソンなど、守備面を重視した選手が入るので、オッド(もしくはカフー)のみが攻撃的になる。それはいいとしても全体的なバランスは崩れてしまって、カウンターを受けやすくなってしまう。

まぁ、今さら僕が分析したところで、こんなことはアンチェロッティも選手もわかっているだろう。ロナウドの離脱でFWの駒不足という根本的な問題もある。でも文句を言っても始まらない。この程度の問題を解決できないようなチームで無いことはわかっているし、ここまでの結果は残念だけれども、僕としては気長に楽観的に見ていきたいところです。

Marcatori: Seedorf (M) al 44' p.t.; Pisanu (P) al 28' s.t.

Milan (4-3-2-1): Dida; Oddo (Cafu dal 35' s.t.), Nesta, Bonera, Jankulovski; Brocchi (Emerson dal 22' s.t.), Pirlo, Ambrosini; Kakà, Seedorf (Gilardino dal 30' s.t.); F.Inzaghi. (16 Kalac, 4 Kaladze, 19 Favalli, 20 Gourcuff). All.: Ancelotti.

Parma (4-3-3): Pavarini; Zenoni, Falcone, Couto, Castellini; Dessena (Matteini dal 19' s.t.), Parravicini (Cigarini dal 15' s.t.), Morrone; Reginaldo, Corradi, Pisanu (Coly dal 35' s.t.). (1 Radek, 13 Rossi, 16 Tombesi, 9 Paponi). All.: Di Carlo.

ARBITRO: Damato di Barletta
NOTE: spettatori 51.026. Ammoniti: Zenoni, Reginaldo e Morrone per gioco falloso, Dida, Castellini e Pavarini per comportamento non regolamentare. Angoli: 6-4 per il Milan. Recupero: 1' e 4'.
タグ:Milan Seedorf
posted by 88 bloduction at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年09月18日

15/09/2007 vs Siena

前を見よう - A.C. Milan Official Site
決め手となる要因 - A.C. Milan Official Site
Nesta salva il Milan al 91' - gazzetta.it
シエナ相手に引き分けミラン監督「良い所がなかった…」 - gazzetta.it

Siena-Milan 1-1 (pt 1-0)

20070915.jpg

代表ウィーク明け、ケガ人多少あり、CL仕様でターンオーバー...という状況では残念ではあるものの、引き分けという結果はそこまで不満とは思えない。

今のところネット記事しか読めていないので、惜しいシュートがあったとか、シエナは11人で守っていたとか、セリエAでありがちな試合展開だったことが想像される。

ま、あまり気にせずベンフィカ戦に集中しましょう。

Marcatori: 24'pt Maccarone (S), 46'st Nesta (M)

Siena (4-4-2): Eleftheropoulos; Rossettini, Portanova, Loria; Grimi; Jarolim (43'st Codrea), Vergassola, Galloppa; De Ceglie, Maccarone (29'st Corvia), Bucchi (10'st Frick). A disposizione: Manninger, Alberto, Ficagna, Locatelli. Allenatore: Mandolini.

Milan (4-3-2-1): Dida; Cafu, Nesta, Kaladze, Favalli (16'st Jankulovski); Gattuso (1'st Inzaghi), Emerson (20'st Ambrosini), Brocchi; Gourcuff, Seedorf; Gilardino. A disposizione: Kalac, Bonera, Simic, Digao. Allenatore: Ancelotti.

Arbitro: Banti di Livorno
NOTE - Espulso Frick (S) per gioco scorretto al 47' st. Ammoniti Galloppa, Vergassola, Grimi (S), Jankulovski (M)per gioco scorretto.
タグ:Milan Nesta
posted by 88 bloduction at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年09月05日

ヴィオラ戦ハイライト

残念だけど致し方無い結果でしょう。
ジラ、がんばれ!

タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年09月04日

03/09/2007 vs Fiorentina

ビオラがミランにブレーキ - A.C. Milan Official Site
Una bella Fiorentina impone l'1-1 al Milan - gazzetta.it

Milan-Fiorentina 1-1 (pt 1-0)

20070903.jpg

残念ながらホーム開幕戦はドロー。ヴィオラにやられました。チームとしての調子は悪く無く、ボール支配率も高く維持し猛攻を仕掛けたものの、モンテカルロの疲れもあったのか決定力に欠け、追加点を奪って試合を決めることができなかった。

ジラルディーノは重傷かもしれない。キレの無い彼のプレーは、かなりブーイングを受けていた。試合開始早々のこぼれ玉に合わせたシュートは相手GKのフレイを慌てさせたが、それ以外ではほとんど見せ場を作ることなく、後半20分にインザーギと交代している。

厳しい意見も多いけど、ジラルディーノはミランに必要だと思う。ロナウドのようにテクニックや突破力のあるFWと並ぶのがいいのかもしれない。1年目もいろいろ言われていたが、シェバの隣でゴールはしっかり稼いでいたのを覚えています。いずれにしてもアンチェロッティも使い続けているし、ゴール以外の部分での貢献もあるわけだから焦らなくてもいいと思う。

試合としては前半動きの良かったミランだが、やはり決定力が足りなかった。アンブロが飛び込んだところでPKを得て、カカが冷静にゴールを決めた。普通の相手ならここから追加点のチャンスも生まれやすくなるのだが、ヴィオラはそう簡単では無かった。

1点ビハインドでもシステムや試合の流れを変えず、しっかり守ってカウンターというルールに徹した。守備の部分ではピルロは諦め、カカとセードルフ、ジラを確実に抑えようという意志統一があったのだと思う。TV画面に写らない部分で苦労したのかもしれない。特にカカは長いドリブルで大きなチャンスを作り出す場面はほとんど無く、ボールを持っても早い段階でスペースを消されていた。

後半になって疲れが少し見えたところで、ヴィオラの攻撃が鋭くなってくる。ムトゥの個人技を中心に3対2や2対1の場面を多く作り出していた。そしてムトゥに同点弾を決められてしまい、その後もポストに救われたものの逆転の決定的なチャンスも作られた。

結局のところミランにも突き放すチャンスはあったので、残念だけど引き分けも妥当な結果と思う。そしてトーニが抜けてもプランデッリ監督率いるヴィオラは危険なチームであることも再認識できた。

ま、とにかく再来週の再スタートを大事にしていきましょう。そろそろロナウドも見たいです。

Marcatori: nel pt 27' Kakà(M) su rigore, nel st 11' Mutu (F)

Milan (4-3-2-1): Dida, Oddo (16' st Cafu), Nesta, Kaladze, Jankulovski, Gattuso, Pirlo, Ambrosini (32' st Emerson), Kakà, Seedorf, Gilardino (20' st Inzaghi). (16 Kalac, 25 Bonera, 32 Brocchi, 20 Gourcuff). All.: Ancelotti.

Fiorentina (4-3-3): Frey, Ujfalusi, Dainelli, Gamberini, Pasqual, Donadel (12' st Kuzmanovic), Liverani, Gobbi, Santana (17' st Semioli), Pazzini (17' st Vieri), Mutu (12 Lupatelli, 2 Kroldrup, 6 Potenza, 9 Osvaldo). All.: Prandelli

Arbitro: Farina di Novi Ligure
NOTE - Angoli: 7-4 per il Milan. Recupero: 0 e 4'. Ammoniti: Ujfalusi per gioco falloso, Liverani, Gattuso e Semioli per comportamento non regolamentare.
タグ:Milan Kaka
posted by 88 bloduction at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年08月28日

Genoa戦の動画

アンブロジーニの先制ヘッドは、キレイなセットプレーでしたね。



今季も頼りになるわ。
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年08月27日

26/08/2007 vs Genoa

もうひとりのマッシモも大活躍 - A.C. Milan Official Site
Milan a valanga con Kakà - gazzetta.it

Genoa-Milan 0-3 (pt 0-3)

20070826.jpg

ヨーロッパチャンピオンとしてのシーズンがスタートした。開幕戦の結果は素晴らしく、チームとしての調子が良いことが目立っていた。

結果ほどジェノアは悪いチームでは無い。攻撃的で高い位置からボールを奪いにくるスタイルで、試合開始直後から勢いをみせてくるが、15分ほどでミランが落ち着きを見せはじめる。ピルロのFKからアンブロジーニが最初のゴールを決める。いつものセットプレーではあるものの、アンブロは今シーズンも好調で頼りになることをアピールする。

ジェノアとしては1失点は計算の範囲内だったかもしれない。が、前半終了間際にカカが立て続けに2ゴールを決める。右サイドのオッドからのクロスがカカの足元に転がってくると、左足で冷静にGKの股間を通す。2点目はジラルディーノが得たPKをしっかり決めて、前半だけで3点リードを奪う。

こうなると残りの45分はムリをせず、ボールをキープして守備を怠らず45分を使うことだ。特に失点は最も良くない。前半に軽い守備があったカラーゼも後半にはそんなプレーを見せなかったし、ネスタは相手FWを自由にさせるようなことはほとんど無かった。

ジラにゴールが期待されたが、残念ながら90分プレーして結局ゴール無し。3回決定的なチャンスを迎えるが、2度失敗して1度は何とかPKを奪った。ほんのちょっとだけ難しいところにボールが飛んできている印象があって、それがシュートミスを誘っているようにも見える。もう少し辛抱が必要かもしれないが、ポジション取りは悪くないしチームへの貢献も大きいので今年はやってくれると思います。

Marcatori: nel pt, al 21' Ambrosini, al 44 ' e al 48' (rigore) Kakà

Genoa (3-4-3): Rubinho, Bega, Lucarelli, Santos (21 st Rossi), Konko, Milanetto, Paro (1 st Fabiano), Juric, Papa Waigo (33 st Leon), Gasparetto, Di Vaio (73 Scarpi, 27 Stellini, 8 Danilo, 14 Sculli). All.: Gasperini

Milan (4-3-2-1): Dida, Oddo, Nesta, Kaladze, Jankulovski (43 st Favalli), Gattuso (29 st Brocchi), Pirlo, Ambrosini (37 st Gourcuff), Kakà, Seedorf, Gilardino. (16 Kalac, 25 Bonera, 2 Cafu , 9 Inzaghi). All.: Ancelotti

Arbitro: Saccani di Mantova
NOTE - Recupero: 1' e 4'. Angoli: 7 a 3 per il Genoa. Ammoniti: Ambrosini, Rubinho per gioco scorretto; Seedorf per proteste. Spettatori: 24.000
タグ:Milan Ambrosini Kaka
posted by 88 bloduction at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年08月25日

ジェノア戦・予想スタメン

ジェノア対ミラン:予想スタメン=セリエA第1節 - スポーツナビ
■ミラン(4-3-2-1)
GK:1-ジーダ
DF:44-オッド、13-ネスタ、4-カラーゼ、19-ファバッリ
MF:32-ブロッキ、21-ピルロ、23-アンブロジーニ、22-カカ、10-セードルフ
FW:11-ジラルディーノ
監督:アンチェロッティ
やはりワントップみたいですな。ロナウドが出られない以上、ツートップは難しいでしょう。単純に人数の問題。ガットゥーゾは代表でのケガで間に合わないか。DFはマルディーニがいないだけで、特に問題はないでしょう。

アウェイではありますが、しっかりと勝ち点3を奪って良いスタートをきりたいッスね。
posted by 88 bloduction at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

07/08シーズンに向けて

8/25から07-08シーズンのセリエAが始まる。

今季はジェノアやナポリが久しぶりにセリエAに帰ってくるだけでなく、ユベントスも復帰。また今季は減点無しで、全てのチームが同じラインからのスタートになる。

昨シーズンはインテルにブッちぎられたスクデット。今シーズンもインテルが有力なのは致し方無いとしても、昨シーズンほどの大きな差は無いと思う。ミランは大きな補強は少なかったが、去年と比較するとロナウドがいるわけだし、オフも混乱なくバカンスを満喫できたからコンディション調整はうまくいっているはず。つまり年内は十分な力を持って戦える。去年のようなCL予備戦もなければ、勝ち点の減点も無い。

オフの話題はパトとエメルソンの獲得に集中した。パトはまだ10代の若い選手だが、来年1月までは公式戦に出場できない。逆にそれまでの期間でミランに慣れていく余裕が十分にある。しかも今季だけでなく、この先10年のミランにとって重要な選手になるわけだから焦る必要など全くない。逆に決まったばかりのエメルソンはローマ・ユベントス時代の実績も十分にあり即戦力である必要がある。だが彼のポジションも駒不足ではないから、コンディションを整える時間は十分。遅くとも9月中にはミランデビューを飾ることができるだろう。スアソの件は残念だったが、本人がインテル行きを望んだわけだから仕方が無い。彼がダービー以外の試合で活躍することを祈ります。

FWロナウドの開幕戦出場は微妙だが、インザーギもジラルディーノも100%とは言えないながらもプレシーズンではいいゴールを決めている。パトが出場できる1月までは、ワントップで戦うことが多くなるだろう。そうするとカカとセードルフの状態が重要になるが、彼らに関しての問題は全くニュースにない。

中盤はガットゥーゾは代表戦出場前にケガをしてしまったから、開幕は難しいだろう。エメルソンの獲得でポジション争いが厳しくなったブロッキは早速チャンスを得るわけだから、中盤の選手層は問題無いと言える。アンブロジーニとピルロも良い状態で開幕に望めそうだ。

守備陣はコスタクルタの引退のみで、ほぼ去年と同じメンバーが残る。丸1年を棒にふったセルジーニョが帰ってくる。ヤンクロフスキとのポジション争いがあるが、どちらもMFもできる左サイドのスペシャリストだから、アンチェロッティがうまく活用していくことが必要だろう。さらに経験豊富なファバッリもオプションとして残っている。右はオッドが万全だし、カフーはサブとして重要な役割を果たせるだろう。センターはマルディーニが残ったものの、9月まではヒザの状態を見なければならない。代表引退を表明したネスタとカラーゼのコンビが中心となって、ボネーラとシミッチも去年の厳しい時期を乗り越えたDFとしてチームに残っている。

GKはヂダに控えのカラッチとフィオーリと変わりは無いが、ヂダが年間を通して安定したプレーを見せればそう問題は無いだろう。

今シーズンは目標がいっぱいある。UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップ、スクデット、CL優勝、コッパイタリア...主なタイトルだけでもこれだけある。全てのタイトルを取って欲しいところだが、特にクラブワールドカップは、前回出場時と同じボカが相手になるだろう。ここで世界の頂点に立ってもらうのが希望です!
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年08月04日

Alexandre Pato (続き)

アレシャンドレ・パトがミランに! - A.C. Milan Official Site
素晴らしい才能を持ったアレシャンドレ・パトは、ミランと共に練習をし、2007年9月3日から練習試合に参加することとなる。そして、2008年1月からは公式戦にも出場できるだろう。
アンチェロッティのコメントにもあるが、パトの獲得は彼の年齢を考えても長期的な視野に基づいて行われている。

しかし逆に今月末から始まるシーズンに、FWが3人というのは心許ない。ただ、ジーニョ×、エトー×、ドログバ×、バチスタ×、と大物狙いは難しい交渉ばかりというのもまた当然のことである。

果たして大物をゲットできる可能性が残っているのか?それとも1TOPを折り混ぜながら、1月までパトを待つのか?

気になるところです。
(書いていながら後者がありえそうな気がして仕方が無い...)
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年06月02日

ピルロ→インザーギ!

Inzaghi: uno schema!
何度もあったねぇ。ピルロのFKからインザーギに当たって(当てて)のゴール!

タグ:Inzaghi Milan
posted by 88 bloduction at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年05月28日

27/05/2007 vs Reggina

閉幕 - A.C. Milan Official Site
Milan sazio, Reggina salva - gazzetta.it

Reggina-Milan 2-0 (pt 1-0)

セリエA最終節、CL優勝から4日後の試合。チームとしてもモチベーションを保つことは難しく、なんとな〜く予想できた試合展開。レッジーナはこの試合に残留の可能性を残しており、モチベーションは圧倒的に彼らの方が高かった。

ミランにもボリエッロやシミッチなど、普段は出場機会の少ない選手のモチベーションは高かったが、それ以外のほとんどの選手は明らかに流してプレーしていたし、シーズンの目標を全て達成したチームに活力は不足していた。

相手に失礼だという意見もあるし、他の残留を争っているチームにも不満はあるだろうが、チームとしての目標は達成してしまったのだから仕方ないだろう。

ところで、レッジーナもミランと同じく今季は減点11でスタートした。開幕時には「残留など不可能だ」と言っていたレッジーナのマッツァーリ監督だが、素晴らしいチームを作り上げ最終的に残留に成功した。FW2人で35点を叩き出し、ほぼ5分の成績はUefa杯出場権を得たチームとたいして変わりない。

最終的に減点スタートだったチームは全て残留している。ミランはCLで優勝した。何が処罰だったのかと結果だけみると思われてしまいそうだが、実際に減点を受けたチームへの影響は大きかった。どのチームもそれをバネにして、大きな勝利を得ることに成功したわけだ。

来季は何もなく普通にスタートが切れるはず。
スクデットとCL連覇が目標になるミランだが、まずは誰が夏に加入するのかを楽しみにオフに入りたいと思います。

Marcatori: nel pt 8' Amoruso; nel st 22' Amerini

Reggina (3-4-2-1): Campagnolo, Lanzaro, Di Dio (32' st Nardini), Aronica, Mesto, Gazzi, Tedesco, Modesto, Vigiani, Amoruso 8 (21' st Amerini), Bianchi (40' st Nielsen sv). (99 Puggioni, 7 Esteves, 34 Missiroli, 15 Barill・. All.: Mazzarri

Milan (4-4-2): Kalac, Simic (18' st Oddo), Bonera, Kaladze (24' st Grimi), Favalli, Cafu, Pirlo (23' st Gattuso), Brocchi, Serginho, Borriello, Ronaldo. (26 Storari, 13 Nesta, 9 Inzaghi, 11 Gilardino). All.: Ancelotti.

Arbitro: Rocchi di Firenze
NOTE - Angoli: 4-1 per il Milan. Recupero: 0 e 3'. Ammoniti: Di Dio e Gattuso per gioco scorretto. Spettatori: 20 mila. Note: osservato un minuto di raccoglimento in memoria di Vincenzo Bellavista, amministratore delegato del Rimini, scomparso in settimana.
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年05月21日

19/05/2007 vs Udinese

さあ、アテネだ! - A.C. Milan Official Site
L'altro Milan fa grande l'Udinese - gazzetta.it
コスタクルタが現役を引退 - uefa.com

Milan-Udinese 2-3 (pt 1-1)

20070519.jpg

アレッサンドロ・ビリー・コスタクルタ。ミラン一筋で数々のタイトルを獲得したバンディエラが今季限りで引退する。ホーム最終戦で最後の先発出場となったビリーさんは、PKを決めて有終の美を飾った。(PK獲得のファールには?があったけど)

ミランにとってはコスタクルタの引退試合というのが、まずありきだった。アテネで先発出場が予想されるメンバーはスタンド観戦。ベンチにはプリマベーラの選手達が名を連ねた。チームとしては来季のCL出場権も確定しており、勝敗はあまり意味の無いゲームだった。

とはいえ、普段はベンチメンバーの選手達としては、自らをアピールするチャンスとなるわけで、特にボリエッロとグルキュフ、シミッチあたりは高いモチベーションを持ってゲームに望んでいた。DF陣はあまり高い意識は無かったみたい。ウディネに奪われた3点は大きなミスとも言えないが、防ぐことができないというレベルでも無かったように思う。

ま、プリマベーラの3選手はご褒美として、セリエAのピッチに立つことができたわけだし、リザーブメンバーもいつも以上のプレイタイムを得ることができた。試合に勝つことができればベストだったと思うが、この際どうでもいいと言ってしまった方がいいでしょう。

とにかくビリーさんはお疲れ様でした。マルディーニと並ぶ偉大な「兄さん」の経験は来季ベンチで発揮されるだろう。コスタクルタはタソッティ・コーチと並んで、アンチェロッティをサポートすることになるそうです。

というわけでそんなビリーさんの獲得したタイトルです。
こんな偉大な選手は、マルディーニ以外残っていない。

7つのスクデット、4つの欧州チャンピオンズカップ、2つのヨーロッパ/サウスアメリカカップ、4つのUEFAスーパーカップ、5つのイタリアスーパーカップ、そしてコッパイタリアと、合計23個のトロフィーを手にしてきた。セリエA通算458試合、公式戦通算660試合に出場し、ミランで歴代3位となる試合出場数を記録した。(uefa.comより)
「素晴らしいパーティーだった。僕の愛しているクラブやチームメイトのみんなに感謝したい。でも今、もう一つやるべきことがある。僕がプロとして後ろを振り向かないよう努めたい。将来に向けて可能性は多くあるけど、他のいかなることよりもここに残ることに決めたのさ」
アレッサンドロ・"ビリー"・コスタクルタ


あとは最後の大仕事。アテネでイスタンブールの忘れ物をゲットすること!

Marcatori: nel pt 10' Asamoah (U), 36' Gourcuff (M), nel st 8' Di Natale (U), 12' Costacurta (M) su rigore, 16' Barreto (U)

Milan (4-4-2): Storari, Bonera, Simic, Favalli (22' st Darmian), Grimi (31' st Guerci), Brocchi, Costacurta (14' st Di Gennaro), Gourcuff, Serginho, Oliveira, Borriello. (29 Fiori, 31 Antonelli, 37 Bruscagin, 35 Aubameyang). All.: Ancelotti.

Udinese (4-3-2-1): De Sanctis, Coda, Natali, Zapata, Dossena, Motta (6' st Siqueira), D'Agostino, Muntari, Barreto (23' st Sivok), Di Natale (36' st Hodza), Asamoah. (70 Casazza, 31 Sissoko, 82 Lukovic, 29 De Martino). All.: Malesani.

Arbitro: Gervasoni di Mantova.
NOTE - Angoli: 4-3 per il Milan. Recupero: 0 e 4'. Ammoniti: Gourcuff e Barreto per comportamento non regolamentare, Oliveira per gioco falloso.
Spettatori: 51.124.
posted by 88 bloduction at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年05月14日

13/05/2007 vs Catania

決着をつけよう - A.C. Milan Official Site
Catania-Milan al punto giusto - gazzetta.it

Catania-Milan 1-1 (pt 0-1)

20070513.jpg

今節もスカパーの放送無し。結果その他を見ると、アウェイでドロー。勝ち点1を獲得し、順位表では4位以上を確定させることもできた。リーグ戦では2試合を残して目標を達成し、10日間をアテネへの準備期間として活用できるようになった。

前節のヴィオラ戦に続いて、連続ドローというのはちょっと流れが落ち着いてしまったような印象もある。マンU戦の直前はリーグでも連勝中だったし、試合に対する緊張感もあった。全ての試合で全力を出すことはできないから、ドローというのも仕方ないけれど。

あとは土曜にウディネをサンシーロに迎え、アテネに向かうことになる。リベンジは正しい形で、間違い無く行われることを信じている。



Marcatori: 6' pt Seedorf (M), 16' st Spinesi (C)

Catania (4-3-3): Pantanelli; Sardo, Cesar, Stovini, Vargas; Baiocco, Edusei, Caserta; Izco, Spinesi (37' st Rossini), Mascara (40' st Silvestri sv). (Spadavecchia, Sottil, Minelli, Biagianti, Corona). All.: Marino.

Milan (4-3-2-1): Dida; Oddo, Nesta, Maldini (20' st Kaladze), Jankulovski; Gattuso (35' st Gourcuff), Pirlo, Brocchi; Kakà, Seedorf; Inzaghi (20' st Gilardino). (Kalac, Cafu, Favalli, Oliveira). All.: Ancelotti.

ARBITRO: Saccani di Mantova.
NOTE:spettatori 8.000 circa. Ammoniti Inzaghi, Baiocco, Gattuso, Vargas, Brocchi. Angoli: 9-2 per il Catania. Recuperi: 1' pt e 4' st.
タグ:Milan Seedorf
posted by 88 bloduction at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年05月07日

06/05/2007 vs Fiorentina

Milan-Fiorentina 0-0

20070506.jpg

サンシーロでスコアレスドロー。最高の結果では無いが、致し方無い結果だろう。チームは水曜日の試合でエネルギーを出しきっていたし、ヴィオラはそれほど簡単な相手でもない。ロナウドがケガで出場できないことも影響しただろう。

相手DFのハンドによるPKをカカが失敗するが、それも「CL決勝じゃないから」的な雰囲気でブーイングも起こらない。どこがファールなのかわからない幻のゴールもあったが、それも仕方ない。アンチェロッティも言っていたが、引き分けという結果が水曜日にならなくて良かったと思える。

セリエAで4位に入ることも今季の大きな目標だが、可能性としてはかなり高くなってきた。少しでも前進するために、勝ち点1を獲得したということです。あとは来週カターニャでも勝ち点を追加して、4位以内を確定させること。それで決勝への調整期間が作れる。

イタリア中がCLでのミランを応援しているような空気を試合中に感じてました。今すべきことは5/23へ向けて最高の準備をすること。そして一番怖いのはケガ。ロナウドは今季のCLに出られないのが、不幸中の幸いだったかもしれない。

Milan (4-4-1-1): Dida, Cafu, Nesta, Kaladze, Favalli, Gattuso (31' st Brocchi), Pirlo, Ambrosini, Serginho (1' st Jankulovski), Kakà, Oliveira (23' st Inzaghi) (16 Kalac, 25 Bonera, 20 Gourcuff, 15 Borriello). All. Ancelotti

Fiorentina (4-3-3): Frey, Jorgensen, Kroldrup, Gamberini (6' st Dainelli), Pasqual, Pazienza, Liverani (18' st Blasi), Montolivo, Reginaldo (39' st Kuzmanovic), Pazzini, Mutu. (28 Lupatelli, 19 Gobbi, 32 Brivio, 27 Di Carmine). All.: Prandelli

Arbitro: Rosetti di Torino
NOTE - Angoli: 3-0 per la Fiorentina. Recupero: 0' e 3'. Ammoniti: Gamberini per comportamento non regolamentare; Liverani, Blasi e Mutu per gioco falloso. Spettatori: 60 mila circa. Note: al 26' pt Kakà manda sul palo un calcio di rigore concesso per fallo di mano di Gamberini.
タグ:Milan
posted by 88 bloduction at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年04月30日

28/04/2007 vs Torino

Torino-Milan 0-1 (pt 0-1)

20070428

今節もスカパーの放送無し...CLの間の大事な試合で勝ち点3を省エネでゲットした模様。マンUも同様の結果を残しているようだ。

マンUは置いておいて、来期のCL出場権獲得に向けての目標へは順調に進んでいる。ラツィオがローマダービーを引き分けたことでミランは3位に浮上した。2位ローマとの勝ち点差は10だから、残り試合を考えると難しいかもしれないがこの調子でいけば不可能ではないかもしれない。

CLに話を戻すと、トリノ戦で省エネがきいた。これは1st LEGも同様の状態だった。今度はミランのホーム。前回はマンチェスターで相手の特徴のあるゲームだった。今度はミランのゲームになるはずだ。ルーニーとロナウドは相変わらず危険極まりない存在だろうが、ガットゥーゾとマルディーニが復帰すれば心配ではない。そしてカカもいる。ピッポも準備万端だそうだ。

素晴らしいゲームになることを期待してます!

Marcatore: al 26' pt Seedorf

Torino (4-4-1-1): Abbiati, Comotto, Brevi, Franceschini, Balestri, Lazetic (35' st Ogbonna), Ardito, De Ascentis, Coco (1' st Muzzi), Rosina (39' st Gallo), Stellone. (1 Taibi, 6 Cioffi, 26 Martinelli, 19 Abbruscato). All. De Biasi

Milan (4-3-2-1): Dida, Cafu, Nesta, Bonera, Favalli, Brocchi (39' st Simic), Pirlo, Ambrosini (1' st Gourcuff), Ronaldo, Seedorf (20' st Jankulovki), Gilardino. (16 Kalac, 22 Kaka`, 7 Oliveira, 9 Inzaghi). All. Ancelotti

ARBITRO: Messina di Bergamo
NOTE - Recupero: 1' e 3'. Angoli: 4-4. Espulsi: 28' st Brevi per doppia ammonizione. Ammoniti: Gilardino e Brevi per proteste, Ronaldo per comportamento non regolamentare. Spettatori: 23 mila circa.
タグ:Milan Seedorf
posted by 88 bloduction at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA

2007年04月23日

21/04/2007 vs Cagliari

Milan-Cagliari 3-1 (pt 1-0)

20070421.jpg

カカをベンチからはずしスタンド観戦。ピルロはベンチスタート。マンU戦を見据えた布陣でカリアリを迎える第33節。攻撃の要となる2人のMFを休ませるのはいいが、この日の攻撃面が多少なりとも心配だった。

しかし始まってみれば、ロナウド2得点。前半はカフーの果敢なチャージでボールを奪って、そのままクロス。カリアリの守備を完全に崩して先制する。これはロナウドというより半分はカフーのゴールと言っていいかも。ボールを奪ってから素早くクロスを入れるスピード、クロスの精度ともにカンペキだった。

守備的にもネスタとマルディーニ、オッドとヤンクロフスキも休ませた。ここまで徹底したターンオーバーを見るのは初めて。中盤をガットゥーゾとブロッキがしっかり締めていたので、カリアリは前半で1本しかシュートを打てなかった。グルクフとセードルフは攻撃面で貢献し、素晴らしいボールキープ力を見せて、相手にボールを渡さなかった。

後半に入ってロナウドが2点目をゲットする。クロスに対して相手GKが処理を誤ったところ、ダイレクトに胸でボールを押し込む貫禄のゴール。他のFWでは見られないようなプレーを見せ続けるロナウドの影響力はレガカルチョで十二分に発揮されている。

その後、カラーゼがPKを与えてしまい、そのまま2枚目のイエローで退場。PKをスアソに決められて1点差とされたが、ピルロが久しぶりに直接FKを決めて試合を決めた。

リーグ戦でこのような調整ができるほど選手層も厚くなってきたし、公式戦5連勝でマンチェスターへ乗り込んでいける。大方の予想はマンUを含めてイングランド勢有利ということだが、それをもひっくり返せる勢いが今のミランにはある。

何しろバイエルンと同じで、マンチェスターユナイテッドには相性がいいのですから。火曜日は楽しみです。素晴らしい試合が見られると思います。

Marcatori: nel pt 14' Ronaldo (M); nel st 24' Ronaldo (M), 29' Suazo (C) su rigore, 35' Pirlo (M)

Milan (4-3-1-2): Kalac, Cafu, Simic, Kaladze, Favalli, Gattuso (22' st Ambrosini), Brocchi, Gourcuff (36' st Jankulovski), Seedorf (22' st Pirlo), Ronaldo, Oliveira (26 Storari, 25 Bonera, 11 Gilardino, 15 Borriello). Allenatore: Ancelotti.

Cagliari (4-4-2): Chimenti, Pisano(44' st Semedo), Canini, Lopez , Del Grosso, Marchini (31' st Pepe), Budel, Conti, D'Agostino (22' st Langella), Capone, Suazo (26 Fortin, 22 Bizera, 16 Biondini, 31 Agostini). Allenatore: Giampaolo

Arbitro: Bergonzi di Genova
Note - Angoli: 7 a 4 per il Milan. Recupero: 1' e 4'. Espulsi: al 41' st Kaladze per somma di ammonizioni. Ammoniti: Lopez, Conti e Pisano per gioco falloso. Spettatori: 43.728.
タグ:Ronaldo Pirlo
posted by 88 bloduction at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA
ミラン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。