2008年03月24日

22/03/2008 vs Torino

Torino-Milan 0-1 (pt 0-0)

20080322.jpg

カカが不在のチームで心配な部分もあったが、ジラルディーノがガンバってくれた。素晴らしい試合をしたわけではないが、大事な勝ち点をアウェイで手に入れた。特に2連敗中だったこともあって、チームに必要なのは勝ち点3だったが、辛くもトリノに勝利することができた。

後半21分、左からの弱いクロスにジラが素早く反応して、飛び出してきた相手GKの前でボールをキープ。反転して放ったシュートに力は伝わらなかったが、パトが押し込むだけで十分だった。パトも「あれはジラのゴールだ」と言っている。

その後、レコバなどを投入して1点を奪いにくるトリノにゴールを許さず、0-1でアウェイの勝利を得ることができた。これでアウェイは9勝3分(4敗)。セリエAで最もアウェイでの勝ち点を得ているにも関わらず、ホームではたったの4勝しかできていない。今年は不思議な兆候が続いていて、それに対する解決策は未だに見いだせていない。

サンプドリア戦のような気の抜けたところはなく、その点は改善されているものの、それは当たり前のこと。ポイントは攻撃の部分にある。ゴールを奪うことが他の強豪に比べて多くなく、守備が重視されがちなイタリアで、最もスペクタクルなチームだったはずのミランは、1試合に1点を奪うのがやっとになってしまっている。

ま、この時期に愚痴を言っても始まりません。ジラはこういう貢献を地道にくり返していくことも、復調への道だと考えてくれると嬉しいですね。ジラ−パトのコンビに期待が高まってきています!

Marcatore: Pato al 21' s.t.

Torino (4-4-2): Fontana; Diana (Motta dal 40' st), Natali, Di Loreto, Pisano; Zanetti, Corini (Ventola dal 25' st), Grella, Rosina; Di Michele (Recoba dal 28' st), Stellone. (Gomis, Lanna, Dellafiore, Bottone). All. Novellino

Milan (4-3-1-2): Kalac; Oddo, Nesta, Kaladze, Maldini (Favalli dal 35' st); Gattuso (Brocchi dal 21' st), Pirlo, Ambrosini; Seedorf; Pato (Emerson dal 41' st), Gilardino. (Dida, Simic, Jankulovski, Paloschi). All. Ancelotti

ARBITRO: Saccani
NOTE - Spettatori: 20mila. Ammoniti Corini per proteste; Oddo, Brocchi e Rosina per gioco scorretto. Angoli: 7-4 per il Milan. Recupero: p.t. 2', s.t. 3'
タグ:Gilardino Pato Milan
posted by 88 bloduction at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90687004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ミラン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。