2011年09月14日

09/09/2011 vs Lazio

Milan-Lazio 2-2

ご無沙汰しております。
気がつけば11-12シーズンが開幕しています。

オフシーズンは去年ほど派手ではありませんでしたが、メクセス、タイウォ、アクイラーニ、ノチェリーノと効果的な補強ができたと思います。個人的にはトップ下タイプのワールドクラスがきてくれればと思いましたが、まぁ十分な戦力はあると思うので、全く文句はありません。

ストライキなどで第1節が行われず、ミランの今季はラツィオ戦からスタートすることに。ラツィオはオフにバイエルンからクローゼ、ギリシャのパナシナイコスからジブリル・シセを獲得するなど、近年まれにみる積極補強をしており、昨シーズンの成績からしても侮れない競合。ミランは開幕が遅れたことで、イブラヒモビッチは間に合ったものの、ロビーニョやメクセス、タイウォがベンチ外。新加入のアクイラーニが左MFで先発出場となりました。

そんなラツィオは試合開始から攻勢をしかけ、新加入組のクローゼとシセがゴール。ミランはいきなり2点のビハインドを背負うことに。スロースターターもこのぐらいにして欲しいと思っていたところへ、アクイラーニの浮き球で裏へ抜けたカッサーノからゴール前でフリーとなったイブラヒモビッチが1点を返し、さらにその数分後、アクイラーニのCKからカッサーノのヘディングで同点に追いつくことに成功。

このまま逆転!という展開を当然のごとく期待しますが、カッサーノのシュートは何度もポストに嫌われ、ボアテングの飛び込みも相手GKのファインセーブに合うなど、その後は全くツキがなくなりドローで試合終了。攻撃陣は比較的好調な様子を見せてくれましたが、守備の連携はもう少しなのかもしれません。

そんなミランの次の相手はCLグループステージのバルセロナ。怪我でイブラが出場できないようですが、去年のミランはイブラ抜きでも意外に勝率は悪くないから、カンプノウでの勝ち点3を期待しています。

posted by 88 bloduction at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ミラン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。