2010年02月22日

21/02/2010 vs Bari

Borriello-Pato
Il Milan puo sognare
- gazzetta.it

Bari-Milan 0-2 (pt 0-1)

20100221-2.jpg 20100221.jpg

アウェイのバーリ戦は簡単ではなかったと思います。調子の上がらなかった時期とはいえ、前回の対戦はサンシーロでドローという結果。Bから上がってきたばかりのチームとはいえ、対戦前は10位につけている好調なチーム。しかもホームでバーリは特にいい成績を残しているので、CLで負けたばかりのチーム状況からも心配な部分がありました。

FWにボリエッロが復帰。中盤はイタリア代表トリオのガットゥーゾ・ピルロ・アンブロジーニ。アントニーニの離脱で左SBはボネーラが入りました。序盤からミランは右からパト、左からロナウジーニョが攻めこんでいくものの、なkなかシュートまでいけないというイヤな展開。バーリはカウンター狙いながらも、そのパスをミランがことごとくカットしてポゼッションしていく。

前半終了間際の43分にロナウジーニョからの浮き玉を、ボリエッロがジャンピングボレーで蹴り込んでミランが先制。それまではあまりスペースが無いシーンが多かったが、一瞬のスキを突いてミランがリードを奪うことに成功する。後半も同じ展開が1点リードがある分だけ余裕を持って試合を進めていく。

後半24分に左サイドをロナウジーニョが突破してシュート。これは相手GKに弾かれたものの、こぼれ玉をパトがしっかり決めて2点差にする。これで試合はだいぶ楽になるが、パトが試合終了間際に自陣ペナルティエリア内で相手を倒してしまいPKを与えてしまう。これで1点差に詰め寄られると、バーリも勢いづいてくるところだったけれど、これはアッビアーティが完璧に読み切ってスーパーセーブ。これでアッビアーティは当面スタメンのポジションをつかみそうなカンジです。

CLでの敗戦を払拭して、リーグ戦を再び歩み始めた形のミランですが、すぐにフィオレンティーナ戦が水曜に待っています。これもアウェイの厳しいゲームになるでしょうが、しっかりと勝ち点を重ねておきたいですね。

Marcatori: Borriello al 43' p.t.; Pato al 24' s.t.

Bari (4-4-2): Gillet; Belmonte, A. Masiello, Bonucci, S. Masiello; Alvarez, Donati, Gazzi, Rivas (dal 17' s.t. Almiron); Barreto, Meggiorini (dal 34' p.t. Sforzini). (Padelli, Stellini, Diamoutene, Koman, Sestu). All: Ventura.

Milan (4-2-1-3): Abbiati; Abate, Nesta, T. Silva, Bonera (dal 23' s.t. Janulovski); Gattuso (dal 36' s.t. Beckham), Pirlo, Ambrosini; Pato, Borriello (dal 27' s.t. F. Inzaghi), Ronaldinho. (Dida, Oddo, Favalli, Huntelaar). All: Leonardo.

ARBITRO: Gava di Conegliano.

NOTE - Spettatori paganti 38.789, incasso 1.290.978; abbonati 13.154, quota abbonati 161.707. Ammonito Bonera per gioco falloso. Angoli: 2-3. Recuperi: 3' p.t.; 2' s.t.
タグ:Pato Borriello Milan
posted by 88 bloduction at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142005393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ミラン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。